やまだーん

記事一覧(2)

「後ほどの憑依」という作品

ここ数年、演劇やアートにまつわる通訳の仕事を色々とさせてもらうようになった。海外アーティストの公演の通訳はもちろんのこと、かなり堅いカンファレンスの類から、長期にわたる親密なワークショップまで、およそ演劇に関わることなら何でも日英の通訳をしている。「良い通訳」というものについて考えると、「インタープリターに特有の身体」というものがあるという事に思い当たる。それは、通訳者に要請される独特の人称の感覚と密接に結びついている。通訳者は、「私はこう思う」という事を言わない。一方で、「彼はこう思っている」と言ってもいけない。わかりやすい通訳者は常に一人称で話す。それでいて、その「一人称で語られている言葉」が自分のものではないという事を、身体で常に語っていなければならない。つまり、通訳者は常に「(彼は)私はこう思う(と言っている)」と言っているのだ。この、一人称の言葉を用いながら、身体的には常に二人称的な立ち位置を要請されるというのが、通訳者に特有の振る舞いだろうと思う。「翻訳」は、一人称の言葉を一人称に置き換える作業だ。翻訳されたものは私の言葉なので、それは好きに書いて良い。ただ、通訳された言葉はどこまで行っても、私のものではない。それでいて自身の発する言葉に対する責任は、当然通訳する相手のことも背負っているので、倍になる。この負荷を意図的に発生させ、その負荷を処理する身体を劇として提示するというのが「後ほどの憑依」という作品の最初のアイデアだった。ただ、この作品を作った当時、僕はもう「翻訳」の仕事は始めていたが、「通訳」の仕事はしていなかった。なので、その二者の違いが考慮されないままの創作になったと思う。種明かしをしてしまえば、「後ほどの憑依」というのはダジャレだ。Trans Later。トランスレイター。後ほどの、憑依。(翻訳者の綴りがtranslatorなのはわかっている)初演のときは「翻訳」という言葉だけで、翻訳のことも通訳のことも考えていたのだ。それが今は、この2つのプロセスの違いが如実にわかるようになった。「劇場版 後ほどの憑依」は、その2つの身体が立ち現れる上演になるだろうと思う。(写真は、2015年初演時より。©️横丁オンリーユーシアター)

「常備演目を仕込む」という公演について

 抗原劇場による「常備演目を仕込む」は、山田カイルが取り組んでいる様々な演劇作品が一同に介し、そのレパートリー創造のプロセスをご覧いただく場です。「翻訳」を巡る3つの作品を、お楽しみください。抗原劇場『常備演目を仕込む』@WAKABACHO WHARF【演目】「劇場版 後ほどの憑依」構成・演出:山田カイル 出演:甘井飴子 里見さとむリーディング「動物たちのバベル」作:多和田葉子 演出:山田カイル出演:篠原初実 関根深月 新上貴美(演劇集団円)塗塀一海 橋本考世 森衣里「盲人書簡」佐藤朋子×山田カイル【公演日時】9月27日(木) 20:00(A) 28日(金) 17:00(A)/ 20:00(B)29日(土) 13:00(B)★/ 17:00(A)/ 20:00(B)30日(日) 13:00(A)★/ 17:00(B)(A)・・・「劇場版 後ほどの憑依」「盲人書簡」(B)・・・リーディング「動物たちのバベル」*受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前★アフタートークあり(30分程度)詳細はホームページ等でご案内致します! 【料金】単独券(1演目) 2,500円 セット券(A・B 2演目) 4,500円 プチ・パトロンチケット (1演目)4,000円 プチ・パトロンチケット セット(2演目)6,000円*「プチ・パトロンチケット」今後の継続的な活動のために活用させていただくパトロネージュ(団体支援)チケットです*二演目のセット券をご希望の場合予約の際、備考欄に以下を必ずご記載ください。[ご観劇を希望されるもう一方の公演日、および時間、AまたはBの別]【会場】WAKABACHO WHARF(神奈川県横浜市中区若葉町3-47-1)【アクセス】京急「黄金町」下車 徒歩4分京急「日ノ出町」(急行停車駅)下車 徒歩8分地下鉄ブルーライン「板東橋」下車(3B出口) 徒歩7分市バス「横浜橋」(32、113系統、他)下車 徒歩3分【ご予約】ご予約はこちらから。https://www.quartet-online.net/ticket/allergengreens